本文へスキップ

北海道の医療・医療機関情報を提供する新北海道 医療です。

E-mailでのご予約・お問い合わせはgria@plum.plala.or.jp

地域別情報LOCAL  INFOMATION

羊蹄地区  

  羊蹄地域の登録医療機関のホームページ開設状況(2017/12/26現在)

病院 : 2/3= 66.7% 医院/クリニック:6/23=26.1%
平成26年3月31日の倶知安の人口 人口   15 ,435人
                世帯数   7,751世帯
   

京極診療所、常勤医不足、赤字続きで無床化検討。8月にも結論 

京極町は、町国保診療所「ひまわりクリニックきょうごく」(19床)について、来年4月からの無床化を検討している。常勤医の1人体制が続き入院患者の管理が難しくなっていることと財政難が主な理由で、8月中にも結論を出したい考え。正式決定されれば町内唯一の診療所で入院ができなくなる。

 同診療所は町国保病院(43床)が2012年に縮小して開業。一時は医師4人体制だったが独立などで退職が相次ぎ、昨年12月からは前沢政次所長が1人で入院患者に対応している。町は随時医師を募集しているが、1年以上応募がない。

 町によると病床稼働率はここ数年35%前後と低迷しており、毎年実質1億〜1億5千万円の赤字を町の一般会計で負担している。無床化した場合の赤字額は現在より数千万円減る見込みという。

 こうした状況から町は来年度から診療所を無床化した上で指定管理とし、外部の事業者に新たな常勤医探しを委託することを検討。(2018.07.22)


登録医療機関

蘭越町
アイヌ語の「ランコ・ウシ」(桂の木が多いところ)から
病院 昆布温泉病院
診療所 蘭越町立昆布診療所
経鼻内視鏡
蘭越診療所
ニセコ町
ニセコ(ニセコアン)とはアイヌ語で「切り立った崖(の下を流れる川)」という意味。
病院
診療所 ニセコ医院
経鼻内視鏡
真狩村
「えぞ富士」と呼ばれ親しまれている羊蹄山の南麓に位置し歌手の細川たかしさんの出身地としても知られています。「真狩」とはアイヌ語で「羊蹄山(マクカリヌプリ)を取り巻く川」を意味する「マクカリペッ」より転訛
病院
診療所 真狩村国民健康保険診療所 野の花診療所 風のクリニック
留寿都村
アイヌ語の「ル・スツ」(道が山のふもとにあるという意味)から。国際的なリゾートのスキーの代表地として知られ、最近ではオーストラリアからの観光客も多く外国のような雰囲気も
病院
診療所

留寿都診療所

喜茂別町
アイヌ語の「キム・オ・ペツ(山の多い川)」から転化、アスパラの栽培が北海道ではじめて行われた地として知られています。
病院
診療所 喜茂別町立クリニック
京極町
羊蹄山の湧き水が出るふきだし公園は観光名所として、札幌からも多くの人たちが水を汲みにやってきます。
病院

羊蹄グリーン病院 
老人性痴呆の専門

診療所

京極町国民健康保健診療所ひまわりきょうごくクリニック

勝田医院
倶知安町
クッチャンはアイヌ語の「クッシャニ」、もともとは「クッ・シャン・イ」で「くだの(ようなところ)を・流れ出る・ところ」尻別川支流、倶登山(くとさん)川の旧名の意から名付けられた
病院

倶知安厚生病院

診療所  丸岡眼科病院倶知安診療所 中川クリニック

植田整形外科

地方職員共済組合北海道支部後志支庁診療所

さとう内科医院

山本内科消化器科医院

くとさん外科胃腸科 たいようクリニック しりべし耳鼻咽喉科
ようてい小児科アレルギー科クリニック 倶知安あづま眼科 ニセコ脳神経外科
ニセコインターナショナルクリニック(新規開業)    

Gria CO.LTD.新北海道 医療

E-mail gria@plum.plala.or.jp